社会保険

健康保険や厚生年金などを合わせて社会保険と呼んでいます。
この社会保険の手続きで主なものには以下があります。
① 事業所が新規に社会保険に加入する場合の手続き
法人であれば必ず加入(強制適用事業所)となります。また、個人の事業主でも、業種によっては従業員が5人以上いれば加入しなければなりません。その際に必要な「新規適用届」を作成し提出します。
② 社員の方の入退社に伴う手続き
従業員を雇い入れたときは「資格取得届」退職時は「資格喪失届」を作成し提出します。
③ 毎年の算定手続き(定時決定)
4・5・6月に支払った給与を基にに「算定基礎届」を作成し提出します。それにより、その年の9月~8月の標準報酬月額が決定します
④ 月額変更手続き(随時改定)
固定給が大きく変動した際に「月額変更届」を作成し提出します。
⑤ 私傷病で働けなくなった場合の傷病手当金の手続き
従業員の方が病気などで働けなくなってしまっている間は、健康保険から支給される手当金の手続きです。
⑥ 出産に伴う出産育児一時金や出産手当金の手続き
従業員の方が出産した場合に支給される一時金や、産前産後の休業時に支給される手当金の手続きです。
その他にもたくさんの手続きがあります。
国は社会保険の加入指導の取り組みを積極的に行っています。
本来は、社会保険の加入対象であるはずの事業所が、いまだ社会保険に加入していない……というケースも、たくさんあります。そのため、厚生労働省は徹底した加入指導を行い、未適用事業所の解消を図ろうとしています。まだ加入していない事業所に対して、加入指導が行われることもあります。
3ヵ月以内に適用させないと強制的手続きされるかも?!
加入指導を実施しても、加入手続きに応じない事業主様に対しては、立入検査が実施され、強制的に適用させる! ということも行われています。