労働保険

労働者災害補償保険法(通称:労災保険法)と雇用保険法をあわせて労働保険と呼んでいます。
従業員を1人でも雇っている事業主様は労災保険に加入する義務があります。
労災保険の最も重要な役割は、労働者の業務上のケガや病気に対して保険給付を行なうことです。
業務を行っていると、どうしても予期せぬケガや病気が起きてしまうことがあります。
本来、業務上のケガや病気に関しては使用者である事業主様に治療や所得補償の義務があるのですが、労災保険によって政府が代わりに保険給付という形で労働者の生活を補償してくれる、という制度です。
事業のリスクを減らすためにも、ぜひ加入しておかなければなりません。(もし加入義務があるにもかかわらず加入していなかった場合はペナルティがかせられることも…)
さらに労災保険では通勤中のケガや病気に対しても同様の給付が行われます。つまり従業員にとってはとても手厚いケアを受けることができるというメリットがあります。

一方、雇用保険は週20時間以上で31日以上勤務する予定の従業員は加入する必要があります。
雇用保険は、従業員の退職した後の、いわゆる失業保険を支給したり、在職中の従業員が、育児や介護で休業した時の所得を補償したり、高年齢の従業員に対して一定の給付金を支給したりと重要な役割を担っています。
さらには助成金を申請する場合、雇用保険の適用事業所であることが条件となっているものがたくさんあります。
事業主様はもちろん従業員の方にとっても安心して働くことができるように国が定めた制度ですので、加入をしなければならないものになります。